唱歌・童謡ものがたり(戦前)

初春の令月にして、気淑(よ)く風和らぎ、梅は鏡前の粉を披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香を薫らす

万葉集巻五、梅花の歌三十二首の序文の一節である。新元号「令和」。日本の古典が元号の出典となるのは画期的なことであるといわれている。典拠となったのは8世紀の歌人大伴旅人を中心とする梅花の宴の序文。正月に仲間を館(官舎)に招いての歌会で、梅をめでながら宴を楽しんでいる心情を詠んだものである。日本人は古来から、宮廷では歌会をたしなみ、また庶民は歌垣によって逢引し、生命を育んできた。日本人の生活と歌とはとても近い関係にある。

和歌をはじめとする日本の歌は、本歌取りに代表されるように、古き歌を知って新しい創作に生かすことを美としている。唱歌・童謡を創作した初期の詩人には江戸時代からの流れを汲む国学者も多く、一例をあげると、武島羽衣は瀧廉太郎作曲の〈花〉の作詞の際、『源氏物語』胡蝶の巻の「春の日のうららにさしていく船は棹のしずくも花と散りける(『源氏物語』胡蝶の巻)」をもととして創作を行った。

若者たちからすると、唱歌・童謡はおじいいちゃん、おばあちゃん世代が歌ってくれる昔風の親しみのない歌というイメージもあるのかもしれない。しかし、文部科学省が発行する音楽科の学習指導要領をみてみると、現在、小学校では文部省唱歌が全学年を通じて17曲取り上げられ、中学校では「我が国で長く歌われ親しまれている歌曲」として〈早春賦〉〈夏の思い出〉〈赤とんぼ〉〈浜辺の歌〉など7曲が取り上げられている。

私は、現在都内の中学校で非常勤講師の職を得ているが、先にあげた瀧廉太郎〈花〉などは、歌詞の古めかしさが障壁になることもなく、音楽の躍動感に合わせて楽しそうに歌う子供たちの姿にはっと驚かされる。古い歌の普遍的な魅力を楽しむ日本人の感性がそこにもあると思う。

温故知新——月並みではあるが、日本人の歌の創作の在り方、歌の楽しみ方を思うとき、この言葉を実感する。

 

 

「唱歌」の言葉は明治以前からあった。平安時代以降、雅楽において器楽の譜を声で歌うことを「唱歌(ショーガ)」と呼んでいる。また、室町時代末期から江戸時代にかけては短い歌曲のことを同じく「唱歌(ショーガ)」と呼んでいた。

1972年(明治5年)の学制頒布において、欧米の教育制度にならいSchool Musicという意味での「唱歌(ショーカ)」が設定されたが、学制「下等小学教科」中には「唱歌当分之ヲ欠ク」と記され、当初は科目として設定されたものの、実施はされていなかった。欧米にならった唱歌教育の方法が確立されておらず、またその技術を持つ教師もいなかったからである。そのような状況を打開すべく1879年(明治12年)10月に文部省音楽取調掛(東京藝術大学音楽学部の前身)が設立された。アメリカ留学の際に音楽を学んだ伊沢(いさわ)修(しゅう)二(じ)がボストンの音楽教育家ルーサー・ホワイティング・メ―ソン(1828-1896)を御雇教師に招聘し、また宮内省雅楽寮の上(うえ)真(さね)行(みち)、奥(おく)好義(よしいさ)、辻則承(つじのりつぐ)、芝(しば)葛(ふじ)鎮(つね)らが助教となった。伊沢は「東西二洋の音楽を折衷して新曲を作ること」、「将来国楽を興すべき人物を要請すること」という理想を掲げた。

続いて世は——「板垣死すとも自由は死せず」——自由民権運動の時代となる。自由民権運動・欧化思想と国粋主義の対立、政治的対立(主権在君、主権在民、主権在国会)や思想的混乱。朝鮮出兵(1884)、明治憲法制定(1889)、国会開設(1890)などもこの時期にあたる。学制頒布以降、小中学校の教科書は、文部省が出版したものと、民間で出版されたものを文部省が調査して適当と思われるものを地方長官が任意に採択したもとの2種類があったが。しかし、この時期の社会的混乱に対応して国は1886年(明治19年)4月に小学校令を公布し、文部省が直接統制できる形の教科書検定制度を確立した。

20世紀をむかえると、日本語に改革が起きる。言文一致運動である。話し言葉と書き言葉を一致させようという文学者たちの改革運動であり、先駆者の二葉亭四迷(ふたばていしめい)は代表作『浮雲』の創作において、落語家の語りを速記したといわれている。すでに1892年(明治25年)伊沢修二編『小学唱歌』において言文一致唱歌の出現がみられるが、最も功績を残したのは田村(たむら)虎蔵(とらぞう)である。子供には、子供の言葉で、子供の生活感情に合った唱歌を与えなければならないというのが彼の主張であり、これは後の三木露風、北原白秋、野口雨情らの詩人や山田耕筰らの作曲家の童謡観と相通ずるものである。

1910年(明治43年)から1935年(昭和10年)にかけては、文部省唱歌が創作された時代である。1902年(明治35年)の教科書疑獄事件(教科書会社と教科書採用担当者との間での収賄事件)があり、これに処する形で1903年(明治36年)政府は教科書国定の方針を確立した。国定とは、編集、発行などの権限を政府が持つことである。当初は全教科でこれを実施したのではなく、修身、日本歴史、地理、国語読本を国定とし、書方手本、算術、図画は文部省で教科書を出版したが、唱歌をふくむそれ以外の科目については小学校令(1886年)の内容、つまり文部省による教科書検定制度が継続して適応された。1910年になると、書方手本、算術、図画と同じく、国定ではないが文部省編纂による唱歌集が発行されはじめる。1910年から1935年まで、4回にわたり唱歌集が発行されたが、これがいわゆる「文部省唱歌」である。文部省唱歌創作には、東京音楽学校を中心とする一派の人々が、田村虎蔵一派の言文一致唱歌を「唱歌の気品を害する」として批判し、「気品の高い唱歌」を作ろうという理念も込められていた。また、教科書国定の議論を背景として、国民思想統一の一役も期待されていた。

日本軍が真珠湾を攻撃し、太平洋戦争が開戦した1941年(昭和16年)、国民学校令が実施されると、唱歌を含めたすべての教科書は国定に統一され、それ以外のものを教科書で使うことはできなくなった。国民学校の音楽教科書では文部省唱歌の一部のほか、祝日大祭日唱歌(君が代、勅語奉答、一月一日、原始祭、紀元節、神嘗祭、天長節、新嘗祭)の曲目が取り上げられた。

以上、戦前の唱歌創作の概観である。こうした戦前の唱歌の歴史の流れをふまえて、童謡の歴史も概観したい。

 

初期の文部省唱歌集『尋常小学唱歌』が刊行し終わった大正初期(1910年代前半)から、教育界全体に自由主義の主張がなされるようになった。また、一方で20世紀初頭にドイツで起こった芸術教育思潮が紹介されて依頼、小学校の文芸・美術・音楽等の芸術教育方面に活発な運動が展開されるようになった。このような子供の関心・感動を中心とした教育運動、その一つとして現れたのが童謡の流行であった。

童謡運動の作品発表は、主に子供向けの雑誌上で行われた。そうした雑誌は、『子供之友』『少女号』『赤い鳥』『金の船』『童話』『コドモノクニ』と枚挙にいとまがないが、これらの多くは新作の童謡とその楽譜や挿絵つきの児童文学作品を掲載した。一冊で、音楽、絵画、文学を楽しむことができる子どものための総合芸術雑誌ということができ、知識階級の家庭や自由教育の学校教室に受け入れられていった。

鈴木(すずき)三重(みえ)吉(きち)が主宰し、1918年(大正7年)に童話と童謡を創作する最初の文学運動として創刊された『赤い鳥』の存在は大きい。鈴木は唱歌の歌詞が教化的文語脈の生硬で非芸術的なものであったのに対して、児童性を尊重した口語脈の芸術的な歌を民間の詩人の手で作りだすことを目的とした。北原白秋、西条八十、三木露風らも『赤い鳥』誌上で童謡を発表し、その後の創作のきっかけとなった。

当時の詩壇にみられる二種類の文学的背景をふまえておくことは、童謡を読む際の一助になると考えられるのでここに紹介しておきたい。一つは上田敏『海潮音』(1905年)や永井荷風『珊瑚集』(1913年)等の西欧詩の移植導入がもたらした象徴詩調の系譜であり、北原白秋、三木露風、西条八十などがこれにあたる。もう一つは、西欧詩の移入に対して日本古来の感情の表現を目指した民謡詩の系譜で野口雨情や島木赤彦らがいる。

両者に共通しているのは、それまでの固い学校唱歌の内容とは明らかな違いをなしていることである。象徴詩一派は近代生活の中でのこどもたちの感情を表現し、民謡詩一派は伝統的な自然の中で感傷世界を歌っている。三木露風は「童謡をつくることも自分をうたうことであり、天真のみずみずしい感覚と想像とを易しい言葉で歌う詩である。」といい、また野口雨情は「(童謡は)永遠に滅びない児童性をもっているもので、大人の胸にも子供の頃の懐かしい心持がわいてくるべきもので、しかも言葉の調子が音楽的にも優れていて、歌い踊れるものがまことの童謡だ。」と語っている。彼らは感性や感動、音楽的な体験を一義として創作をしていることがわかる。

これらの童謡創作のきっかけが、ドイツの芸術教育思潮を含む、20世紀初頭の新自由主義教育を背景としているのはとても興味深い。というのは、こうした童謡創作の歴史が日本のいわゆる「芸術歌曲」創作の流れと接点をもっていたからである。

山田耕筰は、童謡について以下のような見解を持っていた。

 

童謡には二つのあらはれがあります。その一つは芸術的童謡で、他の一つは遊戯的童謡とでも呼ぶべきものであります。芸術的童謡とは、大人が直観した——或ひは大人の内部に潜在してゐた童心が、自発的に流れ出て歌となつたものであります。遊戯的童謡は之に反して、児童の表面に浮動してゐる戯心を、大人が自己流の鏡に反射したものにすぎません。

(山田耕筰「童謡の作曲に就いて」『詩と音楽』)

 

「芸術的童謡」は、大人の立場から童心を回帰して生まれてくるものだという。たしかに三木露風作詞の〈赤とんぼ〉などは、子供の頃の記憶を思い出した大人の立場からの詩であると読むこともできる。また、山田の歌曲には、〈かやの木山の〉のように出版譜によってある時は「童謡」と分類され、またある時は「歌謡」と分類されたりするものがある。山田にとって、「童謡」と「歌曲(歌謡)」との区別は創作年代によって揺れ動き、明確なものではなかった。

 

【主な参考文献】

与田準一「解説」『日本童謡集』  東京:岩波文庫、1957年12月。

堀内敬三・井上武士「解説」『日本唱歌集』 東京:岩波文庫、1958年12月。

小島美子『日本童謡音楽史』 東京:第一書房、2004年10月。

山田耕筰「童謡の作曲に就いて」『詩と音楽』 東京:アルス、1922年11月。

池田小百合氏による童謡に関するサイト

http://www.ne.jp/asahi/sayuri/home/index.htm〉2019年8月18日アクセス

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。