2019.9.28 バッハとブルックナー

9月28日(土)合唱団さきたまの演奏会にソリストとして出演いたします。

ブルックナーの《レクイエム》と「死」テーマとするバッハのカンタータ4番及び150番。

身近な人の死から感じるのは、その人の生が僕に与えてくれた意味。

聖書の物語では、イエスの死が私たちに様々なメッセージを伝えてくれます。

慌ただしい日々が続いていますが、死について、少し落ち着いた気持ちで考えながら、今週末を迎えたいと思います。

 

J.S.バッハ《カンタータ4番 BWV4》

《カンタータ150番 BWV150》

A.ブルックナー《レクイエムニ短調 WAB39》

指揮 岡本俊久

ソプラノ:中江早希

アルト:山下未紗

テノール:渡辺大

バリトン:田中俊太郎

管弦楽:アンサンブル・アルス・ノヴァ

オルガン:梅干野安未

入場料:2500円

狭山市市民会館大ホールにて14時開演です。

20190629

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。