森のタンブラー

アサヒビールに務める中学の同期、古原徹くんが開発した「森のタンブラー」(ソーシャルプロダクツ・アワード2020、生活者審査員賞受賞)の展示を見に大丸東京へ。
フェスや野外イベントでのプラスチックカップの削減のため、植物由来の廃材を主原料としてアサヒビールとパナソニックの共同で生まれたカップ。古原くんいわく、泡の出方が違うそう。

同級生が、学んできた知識や技術を社会に役立てて活躍していることは、とても大きな励みになります。

エコ×ウルトラライト×おいしいビール
山登りのお伴にも最高の予感。

ぱねえ泡立ち

コメントする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。